HOME  >  亀の子道場案内  >  道場生紹介  >  亀の子道場師範
トップ  >  道場生紹介  >  亀の子道場師範

 


宗家 立川 次郎先生

1931年、茨城県笠間に生を受ける。

幼年期に父と兄に剣道を学び、水戸東武館に入門。

青年期に合気道創始者・植芝盛平先生に師事。

琉球古武術保存振興会・井上元勝先生に師事。

勤務する郵便局には道場から通う。

 

 

 


代表 中川 雅文

 1954年東京都江戸川区に生まれる。

16歳から空手を学び、22歳の時に全日本空手道連盟錬武会に入門。

34歳の時に、空手道亀の子道場を起こし、

現在、二代目館長。

 

 

 

 

 


師範代 野元 大志

亀の子道場 4段

 

 

 

 

 

 

 

 


師範代 中原 敏彦

担当指導日:全日
段 位:3段
空手歴:30年

ひとこと

  組手強化クラスを担当しております中原です。
「楽しく強くなる」をモットーに指導しています。
老若男女、色々な方の参加をお待ちしています。

 

 

 

 

カテゴリートップ
道場生紹介
次
当道場の指導員